忍者ブログ
節約主婦目線の雑学やお得情報、思いなどをつづります。 少しでも役に立つ情報をお届けします。

左向矢印
10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 右向矢印
  • [PR]


    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


    本当に抜群に切れ味の良い包丁は、錆びやすい!?


    切れない包丁だと、料理が億劫になりませんか?

     トマトがぐちゃっとなる包丁
     食材が逃げて、みじん切りや小口切りが上手く出来ない包丁
     カボチャを途中まで切ったところで全く動かなくなる包丁

    出来れば切れ味が良い包丁が良い!

    って思うのは当然だと思うんですけど、
    本当に切れ味を追求すると、「(はがね)」をオススメされます。

    しかし、
     鋼って、とーーーっても錆び易いんですって!ご存知でしたか?

    (包丁では一般的に、錆びるタイプは「鋼(はがね)」、
     錆びないタイプは「ステンレス系鋼」や「合金鋼」と呼ばれるそうです)

    テレビで料理人さんが切った後すぐ刃を拭ってる様子って、見たことありませんか?

    料理人だから道具を大事にしてる、という場合もあると思いますが、

    そのくらいすぐに拭わないと数分で錆が浮いてくるんですって

    ゲームや漫画などで、
    日本刀でバッタバッタと切りさばいていくシーンなど見かけますが
    血の付く刀、本当は2・3人切れたら良いほうだそうですよ。

    で、一般人にそんな繊細さ求められても正直、面倒くさいです!!

    プロの料理人でも、調理場は衛生管理が求められる為、
    錆びない包丁を選ぶ方が多くなっているそうです。


    さて、いざ包丁を買おうと、刃の材質を眺めてみると

    安物から高級品まで特に多い記述がステンレス刃物鋼

    切れ味違うのに、なんで同じやねんっ!!!ってな感じです。

    どうやら、純度や混ぜ込むもので硬度が変わってくるらしく、
    (クロームを12%以上含んでいれば「ステンレス刃物鋼」に分類されるらしい)
    そんなに細かく記述する義務がないようです。うーむ。

    プロの料理人が愛用する「ステンレス刃物鋼」もあれば、
    100均の柔らかくてイマイチな「ステンレス刃物鋼」もある。

    選ぶ側にしてみれば、大問題です


    とりあえず、我が家では今、切れ味の良い包丁の購入を検討しています。

    だいぶ色々解ってきたところですが、確証も得られない事が多く、
    文章にするのは難しいです。

    購入が決定したら、何を購入したか、
    どういった種類があって、どういった基準で選ぶのか
    また近いうちに記事にしたいと思います。
     

    戻る HOME 進む

    コメント
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49
    ソーシャルボタン
    リンク
    Amazon
    楽天市場



    参加サイト ↓ (please click!)

    SEO



    ブログランキング・にほんブログ村へ



    最新コメント



        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]
        忍者ブログ広告
    PR