忍者ブログ
節約主婦目線の雑学やお得情報、思いなどをつづります。 少しでも役に立つ情報をお届けします。

左向矢印
11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 右向矢印
  • [PR]


    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


    台所シンクの排水溝に、熱湯を流しちゃっていませんか?


    熱々のパスタやうどんなどの、

    麺の茹で汁


    そのまま、シンク(流し台)に流している人も多いのではないでしょうか。

    何も考えずにザーッと流している方、ちょっと待ってください!
    あなたの流し方、危険かもしれません。

    シンク上は熱湯程度ならどうって事ないのに対し、
    実は排水溝って、意外と熱に弱いんです!

    ここ、意外と盲点なんですけど
    熱湯を流したりする可能性のある台所の排水溝なのに、
    なぜか大概のシンクの排水溝は耐熱性に優れていないのです

    どこの排水溝でも、
    耐熱温度は大体60~70℃前後なんだそうです。


    もし排水溝に向かって熱々の茹で汁を捨てていた人が居たら、
    もう既に排水溝に穴が開くというトラブルを経験済みかもしれません。

    私の知り合いにも、
    「もうずいぶんと前だけど穴が開いた経験があって、シンク下が大変なことになった」
    と言ってた人もいました。

    特に、
    排水溝に直接熱湯を流し込むのは絶対に止めましょう


    我が家では、
    熱湯を流す時には、洗い桶に少しでもいいので水を張っておき
    そこに流し入れる
    ようにしています。

    タイミングが良ければその熱湯で食器などの油汚れを落とす事も出来るので
    オススメの方法です


    昔はシンクに直接流そうとしたら母に、
    「排水溝に穴が開くからやめて!」と注意されたものです。

    昔からあるトラブルなのに、それが今でも改良されていないとは、意外なものです。


    インスタント焼きそばの湯切りなんかの場合も、
    待ち時間で多少冷めているとはいえ、排水溝が変形する原因にもなりますので
    直接排水溝に流すのは避けて下さい。

    捨てる時に一緒に水を流すという方法もありますが
    水を流し続ける事になるため、勿体無いですしエコじゃないですね。


    シンクが「ボコッ」という音を立てた時、それは排水溝の危険のサインです

    もしその音が鳴ったら、「あ、熱すぎるかも・・・」と手を止め、
    熱いままのお湯が排水溝に流れないように注意するようにしましょう。
     

    戻る HOME 進む

    コメント
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117
    ソーシャルボタン
    リンク
    Amazon
    楽天市場



    参加サイト ↓ (please click!)

    SEO



    ブログランキング・にほんブログ村へ



    最新コメント



        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]
        忍者ブログ広告
    PR