忍者ブログ
節約主婦目線の雑学やお得情報、思いなどをつづります。 少しでも役に立つ情報をお届けします。

左向矢印
12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 右向矢印
  • [PR]


    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


    お風呂の残り湯って、再利用してますか?


    お風呂って沢山の水を使いますよね。

    それを毎日何にも再利用せず下水に流していたら、とても贅沢で勿体無い
    と思うんです。


    2日目は追い焚きで使ってるってご家庭も少なくないと思います。

    でも、節約の観点から考えると
    実は追い炊きに必要なエネルギーは、さら湯を張る時よりも多く必要だということが、
    最近よく取り上げられるようになりました。

    それってつまりは、
    ガス代としては追い炊きの方が若干高くなってしまうという事ですので、
    水道代の安い地域の方だと、追い焚きは節約に繋がらない可能性があるのです


    我が家の場合、残り湯はどうしているかと言うと、

    まずは洗濯に使用しています。
    バスポンプ(電動ポンプ)で汲み上げて、洗濯と一回目のすすぎに利用しています。
    我が家の洗濯機は全自動でなく二層式なので、
    水道水とのダブル給水で時間短縮にも役立っています


    ちなみに我が家のすすぎは、溜めすすぎを3回。3回目に柔軟剤を使用します。
    残り湯を使うと雑菌残りが気になりますので、
    必ず抗菌の柔軟剤を使うようにしています

    生乾きで匂うとかってCMがありますが、
    我が家では生乾き臭を感じた記憶はほとんどありません。

    あとは、庭の花壇の水撒きにも使います
    バケツに適当に汲んで運んで使っています。
    夏には打ち水にも利用しますね。

    再利用の機会無く残った場合でも、
    家族全員が入った後の残り湯なら、躊躇せずに捨てています

    1人、2人しか入らず、残り湯がほとんど残っていた場合のみ、追い焚きしています。
    流す時、勿体ないなぁとは思いますが、
    水不足が懸念される地域や時期でなければ、
    そこまで真剣に再利用を意識しなくても良いかな、という結論に至っています


    重要なのは節水することであって、
    再利用を徹底することではない
    わけです


    その気になれば、トイレに利用したり食器洗いの余洗いなどにも利用できますが、
    自分がそこまで徹底することで、水不足の地域が救われるわけではありません。

    日頃から、水を出しっぱなしにしないことや、
    蛇口をひねり過ぎて大量に出しすぎないこと、
    トイレの水を大小きちんと使い分けること、などの
    水を無駄にしない習慣をつけることの方が大事だと思います


    話を戻しますが・・・

    我が家では全員、
    風呂釜のお湯に浸かる前に掛かり湯をすることや、
    お湯の中に頭をつけないことなど、
    みんな汚さないようにしっかり気をつかってくれているので
    安心して再利用することが出来ています。

    もし、非協力的な家族がお湯を必要以上に汚してしまうご家庭では、
    洗濯への再利用はちょっとリスクがあるかもしれませんね。




    戻る HOME 進む

    コメント
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [131]  [130]  [129]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120
    ソーシャルボタン
    リンク
    Amazon
    楽天市場



    参加サイト ↓ (please click!)

    SEO



    ブログランキング・にほんブログ村へ



    最新コメント



        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]
        忍者ブログ広告
    PR