忍者ブログ
節約主婦目線の雑学やお得情報、思いなどをつづります。 少しでも役に立つ情報をお届けします。

左向矢印
12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 右向矢印
  • [PR]


    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


    世の中、差別差別と言うけれど・・・


    上手く言葉に出来る自信がありませんが、
    今日は「差別」について思う事を書いていきます。


    それは差別だ!!
    差別は良くない!!
    なんて、言いますけれど、差別は必要なものです。

     足の不自由な人が、車椅子や義足を使う。
     食物アレルギーの子が、特別食を食べる。
     左利きの人が、左利き用の道具を使う。

    これらは全て普通とは違うものを使用することを許可している、つまり
    差別ですよね。

    このような例では、特別扱いしないと当人も困ります。

    特別扱いは、=差別なんです

    それは違うだろ、と言いたい人ももちろんおられるでしょうが、
    差別かそうでないかに明確な境界などありませんし。
    差別とは、個々の違いにより扱いや優劣が変わることですから、
    基本的には上記の例も差別なはずです。

    そのように特別扱いされている人がそうでない人に色々な面で差別を受けるのは、
    当然の事じゃないのでしょうか?
    自分たちは特別扱いしてもらうのが当然なのに、
    自分たちの都合の悪い扱いに対してだけ「差別だ!!」と声高に訴える事に、
    私は納得できません。
    そして、そういう自己中な差別を訴える声を聞き入れてしまう最近の風潮にも
    間違っていることに気付いて欲しいなと思っています。


    「人類みな平等」
    は、差別を無くそうというのとは根本的に違うことだと思います。
    むしろ、それぞれの劣っている部分を上手く協力しあって埋める事で、
    その差を無くしていこうという考えだと思います。
    特別な扱いをしてこそ、その差を埋める事が出来るのではないでしょうか。


    私は、
    唐突に眠気が襲うような睡眠障害者に、無条件で自動車などを運転して欲しくないと思いますし
    発達障害などで授業中の教室で騒ぎたてるような子は、特別教室に入れて欲しいと思います。

    ここで問題なのは、障害者かどうかという差別ではありません。
    ちゃんと出来るか出来ないかです。

    人の命に関わる事は、
    少しでも出来ない可能性があるのなら、出来ない可能性を極力無くす努力が必要です。
    人に迷惑が掛かる事は、
    大きな影響を与えるようであれば除外しなければ、予定が狂うなどで全体的に遅れをとることになります。

    内容や重要度により差別する「程度の差」は必要ですが、
    差別しないよりした方が良い可能性は高いと言えるのではないでしょうか。


    いじめは無くすべきものですが、
    差別を無くす事は不可能ですし、差別なしでは社会は成り立ちません
    差別を根絶しようなどという訴えは、これぞ偽善だと私は思います。

    男女差別だって、全部は無くせません。
    女性は妊娠したら身重になりますし、出産入院も避けられません。
    絶対妊娠しない保障も、絶対中絶してくれるという契約などもまずありえないはずです。
    それ以上に、寿退社してしまう可能性も高いわけです。
    これらのリスクで全く同じ条件で社員採用する事が難しいのは当然だと思います。
    生理中のプールだって、見学にしてもらわないと周りも迷惑でしょ。


    優秀な記録を出す生徒や落ちこぼれ生徒に、先生が特別な課題を与えるのも
    当然の差別だと思います。

    優秀な子にはより高度な課題を。
    落ちこぼれの生徒にはそのレベルにあった課題を。

    みんな同じ課題なのが当たり前であれば、
    優秀な生徒はより伸びる機会を削がれ、
    落ちこぼれ生徒は解らなければどんどん置いていかれることになります。

    それが酷い仕打ちだと言いたいわけではありませんが、
    そういう差別を付けた方が、より良く導けるのではないでしょうか。


    同じ人間ですが、全く同じ人間はいないはずです。
    差別されるという事は、何かしら違いがあるのです。

    問題視すべき差別は、容姿での差別くらいだと思います。

    美男だから美女だから失敗や犯罪が許される。
    ブサイクだから黒人だから失敗や犯罪が許されない。

    というような差別は大きな問題なわけです。

    ですがこれも、もし他に大差がないのであれば、
    容姿での差別が多少加わるのは当然の事だと思うんですよね。
    彼氏彼女結婚相手だって好みで選ぶんですし、
    見た目で扱いに差が出てしまうのも当たり前のことではないでしょうか。

    自分の事を、不細工だから、デブだから、ハゲだから・・・と容姿での差別を恨んでる人は
    まず自分磨きの努力はしていますか?
    化粧の腕を上げたり、ダイエットしたり、育毛したりカツラかぶってみたり。

    何も努力しないで隠しもしないで、文句だけを言う資格はないと思います。

    何もしないのなら、差別を受け入れ悟りましょうよ。


    「ただし、イケメンに限る」 は、今に限ったことじゃないんですよね。
     

    戻る HOME 進む

    コメント
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114
    ソーシャルボタン
    リンク
    Amazon
    楽天市場



    参加サイト ↓ (please click!)

    SEO



    ブログランキング・にほんブログ村へ



    最新コメント



        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]
        忍者ブログ広告
    PR