忍者ブログ
節約主婦目線の雑学やお得情報、思いなどをつづります。 少しでも役に立つ情報をお届けします。

左向矢印
10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 右向矢印
  • [PR]


    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


    収入が多くても、お金持ちとは限らない。金持脳と貧乏脳


    なんか、面白い本の紹介を見ました。


    「お金持ち=収入が多い」は間違い

    収入がたくさんあっても、同じだけたくさんお金を使っている人は、お金持ちと呼ぶにふさわしくない。
    お金持ちの定義は「支出より収入が多い人」。
    つまり、収入が多くなくとも、支出がきわめて少ない人は「お金持ち」なのです。


    面白い発想の展開です。

    お金持ちになりたい!玉の輿に乗りたい!幸せになりたい!と願っている人に
    読んでもらいたい本
    ですね。

    苫米地英人の金持ち脳 ~捨てることから幸せは始まる~
    (Amazonリンク)

    しかしこの本、
    「収入が多ければお金持ち」・・・とは限らない。
    という内容にはとてもうなずける
    のですが、

    「支出より収入が多い人」 が、= お金持ち とされると、
    共働きもせず節約暮らしをしているが貯金は溜まっている我が家も
    お金持ちということになってしまいます。

    これはさすがにいただけないし、ありえない。

    こんな節約魂な家庭が、お金持ちな筈がありません

    でも私は、お金持ちになりたいと思ってはいません。
    ある程度以上幸せだと思える生活が送れていれば良いんです

    お金持ちになりたいと考えることより、
    今の自分が幸せだと思えることの方が良い事だと思っています


    この本もそういう事を伝えたいんでしょうね。

    たとえ今、
    お金持ちでも、何不自由ない満たされた生活でも、彼氏彼女がいても、美男美女でも・・・
    毎日がつまらない、退屈だ、怖い、辛い、死にたい、と思って生きていたら
    その人は幸せではなく、むしろ不幸なのではないでしょうか?

    私はケチですが、お金に執着はしません。
    私はたまに悩みますが、まあなんとかなるもんだと思っています。
    私は時間を浪費しますが、昔からの性質なので仕方ないかと諦めます。
    私は周りの評価も気になりますが、まあダメでもしゃあないかと思ってます。
    私は良いお母さんではないですが、子どもが慕ってくれて笑顔を見せてくれていれば、
    心配ないと思ってます。

    ようは、何事も気の持ちよう という事です!

    この本は、そうして高収入になろう!というのではなく、
    貧乏脳な考えを捨てる事を諭される本です

    低収入でも幸せだと思える金持脳になろう!というのが
    タイトルに込められた本当の意図でしょう。

    お金持になる方法を真剣に探している人が読んだら、
    騙された!詐欺だ!と思うかもしれませんねw

    自分の人生は、さっぱり幸せじゃない・・・と思っている人にオススメします


    誤解を招く事を恐れ ためらっていては、何も出来なくなってしまう


    今日、こんなニュースを見ました。

    「興味本位で開かれているイベントで、配慮がなく、偏見と差別を招く恐れがある」
    という主張でイベントの中止を求め、中止が決まったというものです。

    しかし、
    「誤解を招く恐れがある、だから中止しろ」と言うのは
    それ自体が誤解を招きかねない曖昧な表現を用いていて、
    矛盾した
    とても横暴な話だと思います。

    「誤解を招く恐れ」という言葉・概念は極めて曖昧であり、
    改善を求めたり注意を促す程度であればむしろ良いことなのですが、
    この言葉によって責めたり責められたり阻止したりされたりする事は
    過剰な行為であり、本当ならばあってはならない事だと思います



    「○○を招く恐れ」に慎重にならなければいけないのは確かです。
    例えば、東日本大震災の津波や原子力発電所のような、災害や実被害の出ることに対するシミュレーションや備えはとても大事な事で、過剰であっても良いくらいです。

    しかし、「誤解」というものは、いくら注意していても
    頻繁に発生してしまうもの
    であり、完全に無くす事は難しく
    大方は取り返しのつかないことには繋がりません


    確かに少しでも誤解する可能性があれば止めて欲しいと思うことも多々あるのでしょうが
    頻繁に発生するゆえに
    「誤解」というものを無くす事に重点を置いてしまう事は、
    どうしても非生産的になってしまいます。


    そうすると、悪くなる可能性よりも、
    良くなる可能性の方を沢山潰してしまう
    のではないか

    と私は思うのです。


    今回のニュースの場合、
    いきなりイベントを中止する事でガッカリする生徒が沢山いるはずです。
    ガッカリしない生徒が全くいないはずはありません

    しかし、このイベントをやった事によって大きな誤解を招く生徒が仮にいたとして、
    その生徒の誤解が何かに影響を及ぼす可能性を考えれば
    もっと少ない
    のです。

    絶対に発生するマイナス要素を無視し、誤解の恐れという曖昧な要素の為に
    直前に中止を強要する事が、どれだけの生徒たちに迷惑を掛けるかという風に
    考えて欲しかった
    ものです。

    要請通り中止した事で、この生徒たちは性同一性障害をもっと理解するきっかけを
    無くしたことになります。
    中止と言わず、まずイベントの事を調べて具体的な問題点を指摘し改善を促した上で、
    「そういうイベントをするのであればもっと性同一性障害への理解を高める努力をして欲しい」と訴えていれば、少しでも理解者が増えたのかもしれません。
    生徒達のガッカリも含め、とても勿体無い結果になってしまいました。

    改善することはプラスに繋がりますが
    中止するだけでは何のプラスにも繋がらないのです。


    そもそも日本語には言葉のちょっとしたニュアンスの違いで
    ずいぶんと意味の違ってくる言葉が多いので、誤解が起こりやすい
    のではないかと
    思います。

    そんな日本語だからこそ逆に、最近の若者世代では
    多くの感情表現を、「ヤバイ」「スゴイ」で済ませてしまうことが、
    いわゆる若者言葉として定着してしまったのかもしれません。

    ヤバイスゴイでもニュアンスが伝わる言い方次第で
    ある程度は通じてしまう
    ものなんですよね。
    まず言葉のボキャブラリーが足りなくなったのが原因であるのでしょうが、
    どうせ誤解が起こりやすいのならば、それでいいじゃないかっていう雰囲気で
    出来あがった風潮なのかもしれません。

    この傾向が決して良いとは言えませんが、
    こういうラフな気持ちでいた方が、毎日が楽しく、充実した生活を
    おくれるのかもしれませんね


    そういえば、
    人間は誰でも、どう努力しても1%以上の人には嫌われてしまうもので、
    全ての人と仲良くなれる人は居ないんだそうです。

    同じ好みの人しか居ないわけがないのと同じで、
    誤解なんてあって当たり前

    誤解を無くす努力は必要ですが、
    あんまり恐がってたら何も出来なくなっちゃって、人生損しちゃうかもしれませんよ。
     

    シャープとソニーのイメージ


    あくまでも私個人の意見と推測で、ほとんどが具体例なども無く曖昧です。
    そして私個人の好みに左右されている部分が大半ですので
    鵜呑みにされないようご理解の上、お読みいただければと思います。


    私はシャープという会社はどちらかというと好きです。
    私はソニーという会社はどちらかというと嫌いです。

    シャープの好きなところは、新しい商品を次々と開発すること
    目の付け所がどうなのかは何とも言いがたい物もありますが、
    全く新しいものや機能を生み出す事が多い印象です。
    (例えばプラズマクラスターなど)

    ソニーも当然新しい商品を出していますが
    基本、二番煎じが多いような印象があります。
    そして、他社製品と共存出来る部分で汎用性を排除し、
    自社独自製品にしか対応しないものが多いと思います。
    汎用性を意図的に排除し、自社での独占を目論んでいる
    という印象
    になりました。
    (例えばSDカードが使えず独自のメモリースティックのみなど)

    そういった売り方は経営の基礎だったりするのかもしれませんが、
    消費者にとっては汎用性を排除される事は不便なだけです。
    既に持っているものが流用できないとか、ソニー製品だけ使い回しが効かずに
    余計な小物が増える、など不便や面倒、モヤモヤする要因が多いように思います。
    (それ自体が標準化してしまえば問題は無くなってしまうのですが)


    ちなみにシャープのダメな印象は、新製品に不具合が多いこと
    たぶん、デバッグを中途半端に商品化しているのではないか?と思ったりします。
    今は後から修正版をアップデート出来るものが多くなったので
    アフターフォローも楽にはなってきていますが、
    詰めが甘くてはせっかくの新機能も台無し・・・そして、しばらく経つと
    同じような機能の製品が他社から出て来て、そちらの方が完成度が高い・・・
    という事を何度も感じた事があります。


    シャープは技術が高くて新機能開発力もあいまって
    ブランドイメージがある
    のですが、その実なぜか価格は安め
    そして実際使ってみると、
    細かい部分に手が届いていないと思う事がよくあります。
    技術者の観点で物を作り、顧客の立場で考える事や細部への心配りが
    欠けているのかなぁと思ってみたり。
    同等の他社製品と比べると、価格は安いけどその分劣っている
    というイメージが付いてしまいました。

    ソニーにはソニータイマーという言葉もありますが
    私は性能には良い印象を持っています
    先ほど二番煎じなどと言いましたが、
    使いやすい本当の完成品に仕上げるのも立派な技術力のひとつです
    ただ、売り方が気に入らないだけです。
    日本の会社で国際的に有名で頑張っているという意味でも期待しています。
    ソニーグループは多方面で大活躍の凄い企業だと思います。


    最後に私の印象と購買傾向をまとめておきます。

    技術力、開発力、低価格のシャープ
    性能、組織力のソニー

    企業としてはシャープの方が好きですが、
    同等の商品が同じ価格帯であれば、ソニー商品を選びます。
    (汎用性や独自機能を加味してでシャープを選ぶ事も)
    でも大体はシャープ製品の方が他社製品よりかなり安めな事が多いので、
    シャープ製品を買う事が多いです。
    (小型電化製品などは安価な海外企業やPBの製品購入も増えてきました)


    ソニーにはこれからも日本の代表企業として世界で活躍し続けて欲しいです。

    シャープはそのブランドを絶やすことなく、もう少し他社製品も勉強して
    かゆい所にも手が届く製品を生み出し、
    ソニーを超える世界に誇れる企業になってくれればなと思います。
    ホンハイに取り込まれてしまわない事を願っています
     
    戻る HOME 進む

    [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
    ソーシャルボタン
    リンク
    Amazon
    楽天市場



    参加サイト ↓ (please click!)

    SEO



    ブログランキング・にほんブログ村へ



    最新コメント



        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]
        忍者ブログ広告
    PR