忍者ブログ
節約主婦目線の雑学やお得情報、思いなどをつづります。 少しでも役に立つ情報をお届けします。

左向矢印
11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 右向矢印
  • [PR]


    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


    原付単車バイク自転車は、車と並走するべからず!


    原付 単車 バイクに乗る方に、お願いです。(自転車も)

    自動車と並走しないでください。

    危ないです!事故ります!


    自動車との並走は、自動車に乗らない人が陥りがちな、危険な行為です。



    信号待ちや渋滞時、止まっている自動車を抜かしたくなりますね

    自動車が止まっている時は、まだ比較的安全なのですが、

    動き出すと、一気に危険度が増します。


    自動車に乗っている人は想像してもらえば解ると思いますが、

    車の両横、特に左サイドは意識しないと全然視界に入りません

    何気なく左に寄せた時、運転手がバイクに気が付かなければ、

    ガードレールに挟まれるかもしれません。側溝にはまるかもしれません。

    そのまま車と接触するかもしれません

    それが左折しようとした時だったら、ほぼ確実に接触します!
    (車の運転手も、左折時の後方確認は怠らずに!)


    車が動き出した時、車の横に居たら、危機感を感じてください

    そして、すぐに車の横から離脱してください。

    ましてや、動いている自動車を左側から抜かそうなどは、言語道断です


    これは車の為じゃなく、自分の為ですよね。

    移動が楽になるからと何気なくバイクを走らせているだけでは、

    すぐに事故にあい、簡単に人生を棒に振ってしまうかもしれません。


    とにもかくにも、

    自動車との並走は事故の確率が格段にアップする行為なのだと、

    肝に銘じておいてください。



    自動車とバイクが事故った時、

    どんなにバイク側の危険行為や交通ルール違反が含まれていても、

    自動車側の責任が5割以上と言われています。実際ほぼそうなるはずです。

    なぜかと言うと、バイクが自動車に対して交通弱者だからなのですが、

    それは、バイクは生身が露出しているからです。

    事故った時に、体に傷を負う可能性が高いですよね。

    ヘルメットを外れないように被る事も、自分を守る為の重要な交通ルールなのです。


    どんなに軽い事故だったとしても、時間の浪費は否めません。

    とにかく事故らないに越したことはありません


    たとえ交通ルールを守っていても

    事故られやすい乗り方になっていては、自分の身を危険に晒してしまいます。

    交通ルールだけに囚われずに、

    事故られない運転を意識することをオススメします


    では、よいバイクライフを!
     
    戻る HOME 進む

    コメント
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [46]  [45]  [42]  [44]  [43]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36
    ソーシャルボタン
    リンク
    Amazon
    楽天市場



    参加サイト ↓ (please click!)

    SEO



    ブログランキング・にほんブログ村へ



    最新コメント



        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]
        忍者ブログ広告
    PR